市町村の保健師求人募集

市町村の保健師求人募集

都道府県や市町村で働く保健師を「行政保健師」と呼びます。保健師の資格を取った方の多くが、行政保健師として働いています。

 

行政保健師の仕事は、管轄地域住民の健康増進や健康指導、公衆衛生などを推進すること、とされています。公務員ですから、保健師の資格を取った後、公務員試験にも合格しなければなりません。

 

都道府県の保健師の役割は、都道府県民の健康の増進や安全な暮らしのために業務を行うことです。健やかな暮らしを守るための対策を考えたり、新型インフルエンザへの対抗策を考えたりします。

 

市町村の保健師は、都道府県の保健師よりも住民に身近なサービスを行っていきます。高齢者の自宅訪問や乳幼児健診、住民の健康相談会など、地域の住民のニーズに合わせて必要な対策を行うため、柔軟な対応力が必要とされます。市町村の保健師は、都道府県の保健師や民間の団体などと連携して、安心して暮らせる地域作りを進めていくことが期待されています。

 

都道府県保健師と市町村保健師、それぞれに役割分担がされているとはいえ、両者の目的は共に地域住民の健康的な生活を守ることです。完全に分離して遂行できる仕事ではないため、役割があいまいな部分もありますが、お互いに連携して仕事を進めていく必要があることは確かです。

 

法改正などで制度が変わると、行政保健師は仕事が大幅に変わることもあります。そうした事態に振り回されることなく、自分の役割を自覚して業務を行う姿勢が大切です。住民に近い市町村の保健師は、人々が戸惑うことのないよう、臨機応変な対応が求められることになります。

 

給与面では、同じ自治体立病院の看護職と保健師の基本給は変わりませんが、病院勤務の場合は各種手当が加算されるため、病院勤務の方が数万程度高くなるのが一般的です。しかし、行政保健師は休暇を確実に取得することができ、産休や育児休業も取りやすい環境になっています。

 

どこへ務めるにも一長一短がありますから、迷った時には保健師専門の求人サービスで相談してみるのも良いかもしれません。求人サービスは無料で登録できるものがほとんどですし、就職に関する様々な相談に乗ってくれます。

 

自分が働きたい条件を伝えれば、担当スタッフが条件に合う求人情報を紹介してくれるだけでなく、悩んでいるときには、働き方を提案してくれます。採用試験や面接などの対策もサポートしてくれるので、賢く利用して、行政保健師をめざしましょう。

保健師募集サイト人気ランキング