産業保健師の求人募集

産業保健師の求人募集

保健師は大きく3種類に分けられます。「行政保健師」「産業保健師」「学校保健師」です。行政保健師は自治体の施設で働く保健師のことです。行政保健師は公務員です。

 

学校保健師は大学や専門学校に通う学生、勤務する教員のケアが仕事になります。養護学級で働く保健師も学校保健師です。

 

それに対し、産業保健師は民間の企業に勤める保健師です。多くの会社で、さまざまな勤務形態で働く保健師がいます。

 

大手の企業では、健康保険組合を持っていることが多く、健康保険組合には保健師が必要になります。もちろん、同業者や地域で作る健康保険組合でも保健師は必要です。医務室などを設置する企業もあり、産業保健師のニーズが高まってきています。

 

産業保健師は産業保健分野のコーディネーターとしても期待されています。医師や衛生管理者とともに、企業で働く社員の健康管理を任されることになります。

 

看護師や保健師を募集している企業は、産業医が勤務している場合がほとんどで、産業保健師は産業医の指示の下、社員の健康診断や健康相談などを行うのが主な仕事になります。社内で事故が起きたときには必要に応じて救急処置も行うこともあります。また、業務が健康に害を及ぼさないかといった調査をすることもあります。

 

近年では、生活習慣病の予防や精神疾患へのケアも重要視されています。単に社員の健康管理をするだけでなく、相談しやすい雰囲気作りも求められているのです。

 

産業保健師は、従業員と同じように、企業のカレンダーに沿って働くことになります。そのため、ほとんどの場合は土日が休みになり、夜勤もない場合がほとんどです。残業がないことも多く、毎日同じようなサイクルで働けるので、働きやすい環境です。

 

また、産業保健師は高収入が見込め、福利厚生や各種手当てなども充実しています。給与や手当は企業によって違いがあるので、最初によく確認しておくと良いでしょう。

 

待遇の良さから、企業に勤めることを希望する保健師は少なくありません。しかし、企業の保健師の求人情報は、一般的な求人情報誌や求人サイトにはほとんど出回りません。

 

保健師の求人情報を探すには、保健師や看護師専門の転職支援サイトが役立ちます。ほとんどの転職紹介サービスは無料で登録できますから、上手に利用して、自分に合った職場を見つけましょう。
特に産業保健師の場合、企業による待遇の差が大きいので、専門スタッフによる紹介はおすすめです。

保健師募集サイト人気ランキング