企業保健師の職種・業務内容

企業保健師の職種・業務内容

保健師と言えば保健所や保健センターなどで働く行政保健師や、学校の保健室などで働く学校保健師をイメージする人も多いと思いますが、保健師の資格を活かして働くことができる場所には民間企業があり、最近では民間企業からの保健師の募集が目立つようになっています。

保健師と言うのは、病気やケガの予防に努め、健康管理や健康指導をすることが仕事の目的となりますが、企業が募集する保健師は、社員などの健康管理や体調管理を行うのが仕事になります。

最近では会社に医務室を置く企業が増えていて、そこには必ず保健師が必要になります。特に多くの従業員をかかえている大企業では、企業の責任として多くの社員の健康管理が必要になります。さらに忙しくストレスが多い現代社会においては、精神的な悩みを抱える社会が大勢います。酷くなるとうつ病などになる社員もいて、そのような社員のメンタル的なケアをするのも保健師として仕事になります。このように、今では保健師は企業にとってはなくてはならない存在で、多くの企業から保健師の募集が出ています。

看護師として働いている中には、保健師に転職したいという人も最近では増えていて、看護師の仕事をしながら保健師の資格を取得している人も多くなっています。企業保健師の利点としては、病院勤務の看護師よりも待遇がよいところが多く、看護師のような辛い勤務体系ではなく日勤がほとんどで、さらに休みが多いのも企業保健師の特徴で、さらに大企業になると給与面でも非常に優遇されているところが多くなっています。

企業では経験があって即戦力になる看護師を求めている場合が多く、企業保健師としての求人は1企業1人の場合が多いので、いくら企業保健師の求人が増えているからといっても、やはりある程度経験がある看護師から企業保健師になる方が、かなり有利になる場合が多くなります。

好条件の企業保健師の求人を見つける場合には、保健師の転職サイトを利用することをおすすめします。企業保健師の求人は最近では人気が高くなっていて、特に条件の良い求人には応募が殺到することが予想されます。そのため好条件の企業保健師の求人は一般では募集されていない場合が多く、好条件の非公開求人のほとんどが保健師の転職サイトが持っています。特に看護師としての経験があってコミュニケーション能力が高い保健師だと条件の良い高収入の希望の企業の就職できる可能性が高くなる傾向になっています。

保健師募集サイト人気ランキング