保健所保健師の仕事内容・役割

保健所保健師の仕事内容・役割

保健師の仕事は、病気になることを予防するため、健康の促進や管理のためのアドバイスをすることを目的としています。保健師が働く職場はいろいろあって、保健師は大きく分けると、産業保健師と学校保健師と行政保健師に分けられ、それぞれが働く場所は違いますが、対象となる人達の健康を管理・指導する役割をすることになります。

保健所で働く行政保健師は、特に対象となる人が多いのが特徴で、たとえば産業保健師や学校保健師の場合は特定の人数をみればいいことになりますが、市町村を対象とする保健所では、かなり多くの人を対象に健康管理や健康指導を行わなければいけません。それだけ保健所で働く保健師には責任もあり、その分やりがいも大きな仕事であることが言えるでしょう。

保健所には都道府県の管轄のものと市町村管轄のものがあり、それぞれの地域と密着した仕事内容となります。保健所が行わなければ仕事はいろいろあって、保健師の仕事は多岐に渡ることになります。保健所は県民や市町村民の病気やケガの予防や、それぞれの地域の公衆衛生の改善に努めて、それぞれの地域の人達の健康の増進に貢献するということが役割となっています。

保健所で行われる仕事内容は、それぞれの場所でも異なる場合がありますが、具体的には保健指導や健康指導や予防接種などを行い、病気を未然に防いて予防するこということが仕事になります。さらに保険所では母子健康の分野でも活躍していて、乳児健診や母親教室など、母親と生まれてきた赤ちゃんの健康やこれからの成長に対する相談と指導にも力を入れています。その他にも全ての住民に対しても健康相談や健康指導が仕事になり、健康教室などを開催して、住民の健康促進に努める場合も多く見られます。

さらに保健所ではエイズの検査も受けられるようになっていて、様々な病気に対しての相談や指導や病気を防ぐことに努めています。保健所と同じように住民の健康促進や指導を行う機関には保険センターもありますが、ここでも保健所と同じように多くの保健師が働いていて、病気の予防に努めています。保健センターでは救急医療や休日でも診察が受けられる体制を整えているところもあり、保健所でまかなえない部分の対応もしています。

このように保健所でも保健センターにおいても保健師の役割は同じもので、行っている仕事の内容は多岐に渡っています。行政保健師を目指す人の中には大きな使命感に燃えている人も多く、保健師が行う仕事は非常に重要で、大切な役割を果たすものだということが言えるでしょう。

保健師募集サイト人気ランキング