市町村保健センターの保健師の転職のポイント

市町村保健センターの保健師の転職のポイント

現在保健師の求人募集は以前より多くなっています。今では民間企業でも保健師を必要とするところが増えていて、看護師から保健師に転職する方も多くなっています。看護師はどうしても夜勤や休日出勤が多くなる仕事なので、独身の内はまだ良くても、結婚して家庭ができると、どうしても規則正しい職場に転職を希望する人が多くなります。看護師から保健師になるのは一般の人が保健師になるよりは難しくありませんが、最初から保健師の資格を持っていない場合は、最低1年間の保健師の勉強が必要になります。

保健師は今では必ず看護師の資格も取得しなければいけないため、まずは看護師の資格を取得するか、看護大学などで看護師と保健師勉強を同時に行い、看護師と保健師の国家試験の両方に合格しなければいけません。したがって、当然市町村保健センターに保健師として転職をする時には、看護師と保健師の両方の資格を取得していなければいけなくて、さらに市町村保健センターに転職するためには、行政保健師としての勤務になるため、公務員試験に合格する必要もあります。

これがあるので、市町村保健センターに転職することは非常に困難で、さらに勤務する場所によっては年齢制限もある場合もあるので、市町村保健センターに転職するには、できるだけ早い内に希望をして、転職の準備を進めることがおすすめとなります。

さらに公務員試験となる市町村の採用試験に合格したとしても、必ず保健センターに配属されるとは限らないので、市町村の保健センターに転職することは、かなり難しいことだと言われています。その上行政保健師全般の採用倍率は20倍近くもあると言われているので、どうしても市町村保健センターで働きたいという場合は、早めに目標を立ててしっかり勉強するようにした方がいいでしょう。

市町村保健センターは保健師には人気の職場で、人員になかなか空きが出ないのが普通です。そのため求人を見つけるためには常に市町村のホームページをチェックしておく必要があり、募集が出たらすぐに申し込みをするようにした方がいいでしょう。

ここでおすすめなのが保健師の転職サイトを利用することで、保健師の転職サイトに登録して市町村保健師の転職を伝えておけば、すぐには募集がなくても、求人の情報が出たらすぐに教えてもらえることになります。さらに保健師の転職サイトに登録しておくと、保健センターから臨時採用が出た時にも教えてもらえることになります。臨時採用の場合は必ず公務員を採用するわけではないので、保健師の資格を持っていれば転職できる場合も多くあります。その後に公務員試験に合格して正規職員になるというケースもあるので、市町村保健センターに転職希望の方は、まずは保健師の転職サイトに登録することをおすすめします。

保健師募集サイト人気ランキング