市町村保健センターの保健師の業務・役割

市町村保健センターの保健師の業務・役割

保健師の仕事内容や役割をきちんと把握していないという人は多いと思います。私達が普段関わりの深いのは看護師で、看護師の仕事内容や役割であれば、わざわざ教わらなくても多くの人が自然と理解していることだと思います。看護師の仕事は医師の仕事と同じように、病気やケガを治療してくれる役割をする医療のスペシャリストです。これに対して保健師というのは、病気やケガを予防するのが主な役割とされていて、私達の健康を守るスペシャリストと言われています。

保健師をあまり見たことがないと思っている人も多いと思いますが、実は保健師は私達の身近にいる存在です。保健師で有名なのは学校の保健室の先生で、その他にも私達が健康診断を受ける時に、健康の相談や指導を行っているのも保健師です。保健師の中には企業で働く保健師もいて、その場合はその企業の社員の健康を守る役割を担っています。

民間の企業で働く保健師は産業保健師と呼ばれていて、小学校から大学などの学校に勤務している保健師は学校保健師と呼ばれていて、市町村保健センターや保健所や役所で公務員として働く保健師を行政保健師と呼びます。行政保健師の役割は、地域に住む人達の健康管理を行い、行政からの保健のサービスをいろいろ提供することとなっています。したがって、行政保健師は小さな生まれたての赤ちゃんからお年寄りまで、男女問わず全てが対象となり、その全ての人達の病気の予防と健康増進へと導く役割を担っています

行政保健師でも、市町村保健センターで働く保健師の仕事にはいろいろなものがあり、行政の健康増進に基づく保健事業の他にも、母子保健や精神保健や救急医療の他、感染症の予防や食育や保健衛生に関わる業務など、かなり多岐に渡っています。基本的な役割は全ての市町村保健センターで働く保健師が一緒ですが、具体的な業務内容はそれぞれが勤務する市町村の住民のニーズにも合わせて決められているので、それぞれの地域によっていろいろな特色があると言われています。

私達がよく利用するサービスを挙げると、成人向けの健康診断があり、各種健診の案内も行われています。その他にもお母さん達が良く利用しているのが乳幼児健診で、生後4ヶ月、生後10か月、生後1年6ヵ月などのタイミングで、赤ちゃんの健康診断や身体測定や健康相談などを行います。その他にも、市町村保健センターでは全ての住民を対象に健康相談や健康教室を開催しています。

保健師募集サイト人気ランキング