保健所と市町村保健センターの違い

保健所と市町村保健センターの違い

将来保健師になりたいという人は最近目立ってきていて、看護師でも保健師に転職したいと考える人は増えてきているようです。最近では民間の企業で働く保健師も多くなっていて、民間の企業からも保健師の求人が目立つようにもなっています。しかし行政保健師として働きたいという人達も最近では増えていて、やはりこの不景気な世の中では、公務員として安定した生活を送りたいという人は増えるのは当然だとも言えます。

保健所や市町村の保険センターに勤務している保健師の中には、臨時職員などで公務員でない保健師もいますが、正規社員となると公務員ということになるので、保健所や市町村の保険センターで働くことを最初から希望する人はかなり多くなっています。

そんな中で、保健所と市町村の保健センターでの業務の違いをきちんと覚えていくことはとても大事なことで、行政保健師として就職したい人や、看護師から行政保健師に転職したい人は、保健所と市町村の保健センターの違いを覚えておくことをおすすめします。

保健所は各都道府県や市町村で運営されている機関で、具体的な業務内容を説明すると、住民の健康管理や健康指導はもちろん、保健所は、医療監視や、公共の医療事業の向上・改善や、伝染病の予防の他、人口動態統計などの調査や分析や統計業務も行っています。これに対して市町村保健センターは、地域における母子保健や老人保健の拠点となっていて、地域に住む住人の健康づくりの場とされています。さらに保健所の所長は原則医師でなければいけないのに対して、市町村の保健センターの長になるのは、医師ではなくてもよくなっています。

これらを見ても、保健所の方は医療施設に近い役割だということが分かります。このように保健所と市町村の保健センターの役割は同じではなく、そこに勤務する保健師の仕事内容も異なることになります。そのため就職や転職する前には、最初にそれぞれの仕事の内容をきちんと把握して、自分が働きたい職場を決めるようにすることをおすすめします。

これらの施設に就職するためには、保健師の転職サイトを利用するのがおすすめで、保健師の転職サイトに登録すると、滅多に出ない保健所や市町村の保健センターの求人の情報が得やすくなります。さらに転職サイトであれば、保健所や市町村の保健センターの臨時職員の求人の情報も素早く得ることができるので、最初は公務員として働けなくても、そこに勤務しながら試験勉強に励み、将来的に保健所や市町村の保健センターの正職員として働く可能性が高くなるのです。

保健師募集サイト人気ランキング